【Photoshop】レイヤーを上手く使い回そう Vol.1スマートオブジェクト編

WEBデザイン

【Photoshop】レイヤーを上手く使い回そう Vo.1スマートオブジェクト編

どうも僕です、テイクフォー谷口です。
季節もいよいよ秋到来ですね。ただこの時期はまだ昼と夜の寒暖差があるので、体調管理には注意したいものですね。

さて、今回はPhotoshopで作業効率アップのためのレイヤーの上手な使い回し術についてご紹介します。
方法は用途に応じて「スマートオブジェクト」「リンクオブジェクト」の2種類ありますが、これらを2回に分けてお伝えします。
初回はスマートオブジェクトについて書きます。
スマートオブジェクトは、例えば外部から配置した画像が元の画質が崩れることなく拡大・縮小等の変形出来る機能ですが、これが使い回しに利用出来ます。

スマートオブジェクトに変換

このページデザインデータを用いて説明します

ここでは、ページの記事内の見出しの装飾パーツをスマートオブジェクトにします。

見出し装飾パーツのグループレイヤーを選択し、右クリックから「スマートオブジェクトに変換」をクリックします。

するとこのグループレイヤーはスマートオブジェクトとしての一つのレイヤーとなります。
(その際レイヤーのサムネールがスマートオブジェクトサムネールになります。)

スマートオブジェクトの編集

スマートオブジェクト化した装飾パーツを含めた見出しグループレイヤーを複製します。
(後ほどスマートオブジェクトの利便性がわかるように複製させています。)

見出し装飾パーツレイヤーを編集するために、レイヤーのサムネール部分をダブルクリックします。
するとクリックしたスマートオブジェクトの新規ウィンドウが開きますので、ここで編集することが可能になります。

ここでは見出しのテキストの左側にあった青い四角の色を変えたり、グラデーションを加えてみます。

編集が完了したら保存して終了し、ウィンドウを閉じます。
すると先程の編集によって同一のスマートオブジェクトは全て反映されます。

このようにスマートオブジェクト化させることによって編集を加えた際、同じレイヤーは一括で変更されます。
ですので同じパーツが複数存在しても、まとめて編集することが可能です。
いかがでしたでしょうか、次回は「リンクオブジェクト」について説明します。

ピックアップ記事

  1. 【お客様インタビュー】サンキョウプラテック株式会社様

関連記事

  1. WEBデザイン

    SNS共有ボタンを設置しよう!WP Social Bookmarking Lightの使い方!

    おはようございます、これを書いている間5回はchromeのブラウザが落ちたふきちゃんです。WordPressで記事を書いていると勝手に記事を下書き…

  2. WEBデザイン

    ブログ内のリンク切れをチェックしよう!Broken Link Checkerの使い方!

    おはようございます、最近のお気に入りはYogi TeaのSkin DeToxです。ハーブティーですが、効果のほどは不明なので気休めに飲んでます。…

  3. WEBデザイン

    問い合わせフォームを追加しよう!Contact Form 7の使い方!

    おはようございます、最近はインスタグラムのおすすめ動画でひたすらポメラニアンの子犬の動画を見てひたすら癒されているふきちゃんです。韓国だけかはわか…

  4. WEBデザイン

    色相環でグラデーションを描いてみよう

    最近めっきり寒くなりまして熱燗のおいしい季節になってきました、こんにちはともさんです。今回は色相環を使ってグラデーションを描いてみましょう、という…

  5. WEBデザイン

    【Photoshop】ボタントレース方法

    こんにちは。ゆかちんです!すっかり寒くなってきましたね。ローソンのMACHIcafeで買ったココアがカップかわいくってほっこりします。入社…

  6. WEBデザイン

    投稿記事を複製しよう!Duplicate Postの使い方

    おはようございます、気圧にずっとやられています、ふきちゃんです。気象病を紛らわすために薬を飲むと今度は眠くなって寝てしまうし、Dead or De…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. WEBデザイン

    よく見る方眼紙のようなパターンの作り方
  2. ガジェット

    オススメのモバイルバッテリーを紹介します
  3. HTMLコーディング

    cssでグラデーションを描いてみよう
  4. HTMLコーディング

    最近流行りの静的サイトジェネレータについて掘り下げてみる【Movable Typ…
  5. お知らせ

    テイクフォーでは社食を導入しています(社食導入のメリット・デメリット)
PAGE TOP